MENU

ワラーチってなに?

ワラーチとは、メキシコ先住民発祥の走れるサンダルです!!!

ワラーチとは、メキシコ先住民のララムリ族(タラウマラ族)発祥の、古タイヤを足の形に合わせて切り、革紐を通したサンダルのこと。ララムリ族はこれを履いて100マイル(160km)もの距離、しかも、起伏が激しい山や丘を走るといわれています。その語源は、江戸時代に渡米した日本人が履いていた「わらじ」だという説もあります。

また、厚底のクッションがある靴を履く現代人は、本来持っている接地時の衝撃を和らげる足の機能が退化しているといわれていますが、裸足感覚で歩けるワラーチを履き続けることによってその機能の回復に効果があるといわれています。さらに、体幹を鍛える効果もあるといわれています。
日本のマラソンランナーの間でその履きやすさと効果が広がり、アウトドアシーンでの愛好者が急増しています。

ワラーチに興味を持った方、作ってみたい方は・・・
■琉球古民家遊び間にてワークショップを開催しております!
■作ってみたけど、石垣島になかなか来ることができない場合には、オンラインショップにてワラーチキットを販売しております!